アパレル系の仕事の求人状況

最近ではさまざまな商品の価格破壊などが続いており、アパレルの業界もその代表的なものとされています。

そのため次第に高級なブランドものの服などは売れなくなり、撤退していくブランドなども多くあります。

しかしながら求人状況ということになると、最近ではむしろアパレル系の求人は増える傾向にあります。

これは一体どうしたことなのでしょか。

実は最近の低価格路線のアパレル業者は、すでに飽和状態に達しつつある日本の市場には見切りを付けて、はるかに旨味を得られる可能性がある中国や韓国、インドなどの市場に拠点を移していると言われます。

そうなるといずれは現地のスタッフを雇用することになったとしても、現時点で戦略を練るのは日本のスタッフということになります。

つまり日本国内の販売に加えて海外進出のためのスタッフと2倍の数のスタッフが必要となっていると言うのです。

もちろんこうしたアパレル業者はごく一部でしかありませんが、こうした業者が今の日本のアパレル業界の牽引役になっているというのも事実なのです。

いずれにしてもニーズがあるということは歓迎すべきことです。

このことに刺激されて他の産業などにもまた新たな求人枠が増えるかもしれません。

ただしアパレル系というと、いつもきれいに着飾って、お客様の相手をする仕事とか、自分の思い描いたドレスを実際に作る仕事というふうに職場を理想化してしまうあまり、実際の職場とのギャップで再度、転職をするようなケースも時おり見られます。

ページのトップへ戻る