おすすめの混合肌対策って?

混合肌の人が増えています。

普通、顔は額から鼻にかけてのTゾーンは油っぽく、頬や目の周りは乾燥しがちなものです。

混合肌の人は、この傾向が顕著です。

Tゾーンはオイリー肌、目元や頬は乾燥肌というように、両方が合体した状態です。

混合肌の原因は、ホルモンバランスの崩れ、化粧品が肌に合わない、ストレス、喫煙やアルコール、紫外線、エアコンによる乾燥、食品添加物や石油系化粧品など有害物質による影響があります。

過度なスキンケアもいけません。

落とし過ぎや補い過ぎも、混合肌を引き起こしやすいです。

原因を見ればわかりますが、生活習慣が大きくかかわってきます。

ですから、これらの原因に当てはまる人は、まずその生活習慣を改めるようにしましょう。

混合肌の人は、乾燥肌や敏感肌の人に比べて、スキンケアに対する関心が低いようです。

「これくらい」と思ってしまいがちですが、放置しておくと皮脂が酸化してニキビや吹き出物ができるようになります。

早めの対策をとりましょう。

食生活の改善、マッサージによるお肌の新陳代謝の活性化、十分な睡眠、エアコン使用を控えることが大切です。

毎日のスキンケアは、無添加の洗顔料で優しく洗うようにします。

ぬるま湯で顔を濡らし、よく泡立てた無添加の洗顔料で優しく洗います。

すすぎは十分に行います。

石けん分がお肌に残っていると、刺激になってしまうためです。

洗顔後には保湿します。

ただ過度の洗顔、保湿は避けましょう。

ページのトップへ戻る