資格保有と昇進の関係

資格の取得といえば就職・転職に有利なイメージがまずありますが、その資格を保有することによって昇進に役だつという面も忘れてはいけません。

資格を取得して専門職に就くのではなく、それを保有していることによる資格手当や昇進を目的に取得を目指すビジネスマンも少なくないのです。

また企業の側でも社員の啓発のために資格取得を促すケースが増えています。

資格を保有しているということはその分野において一定の知識・ノウハウを持っている証でもあります。

とくに専門的な知識が求められる資格なら重要な仕事を任せられる機会が多くなります。

それを滞りなくこなしていけば当然昇進が期待できるわけです。

では、昇進に役だつ資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

ビジネスマンが取得して役だつ2大資格といわれるのが簿記検定とTOEIC。

TOEICはBランク以上が望ましいでしょう。

簿記はビジネスで欠かせない安定した需要を持つ資格ですし、TOEICはこれからの国際化時代において語学力をアピールできる資格です。

どちらも昇進に大いに役立ってくれるでしょう。

ほかにはファイナンシャルプランナーや社会保険労務士、中小企業診断士といった資格も昇進に役立てたいと考えているビジネスマンの間で人気の資格です。

これらの資格は独立開業ではなくビジネスマンが保有する資格として注目を集めている面もあります。

資格を取得すればビジネスマンとして自信をつけることもできます。

昇進、あるいは自分をより高めるためにこれらの資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

ページのトップへ戻る