スタグフレーションとは?

スタグフレーションは、インフレーション(インフレ)、デフレーション(デフレ)などに並ぶ経済現象を表す言葉です。

スタグフレーションは「停滞」を意味するスタグネーション(Stagnation)と、物価上昇を表すインフレーション(Inflation)が合体した言葉で、そのネーミングどおり、「経済は停滞しているのに、物価ばかりが上昇し続ける状態」のことをスタグフレーションと呼んでいます。

物価が上昇する現象というとインフレーションを思い浮かべる方も多いと思います。

インフレーションは物価が上昇するとともに経済も成長している状態のことで、一方スタグフレーションは、物価は上昇しているけれど経済が成長していない状態です。

分かりやすく言うと、物価が上昇しているのに賃金が上がらなかったり雇用も芳しくなかったりするため、スタグフレーションになると一般家庭では預貯金が目減りして生活も苦しくなる傾向にあるといわれています。

世界的なスタグフレーションは、1970年代に起きたオイルショックが代表的なようです。

オイルの価格が上昇するとともに世界中の物価が上昇してしまいました。

しかし、物価ばかり高くなっても雇用や賃金は上がることはなく、当時の先進国はひどいスタグフレーションに悩まされたそうです。

当時、日本は高度成長期だったので、スタグフレーションというよりはインフレーションだったのかもしれません。

しかし、経済成長のスピードが物価上昇のスピードに追いつかず、やはり日本でも生活は苦しくなったようです。

ページのトップへ戻る