ターンオーバーって何?

ターンオーバーは肌の新陳代謝のことで、肌の内側からどんどん新しい肌を作り出してくれる働きをしています。

肌の内側で新しい細胞が誕生すると、肌は上に押し上げられて一番上にある角質層がポロリと剥がれ落ちます。

これがターンオーバーなのです。

肌のターンオーバーが正常に働いている場合には、細胞が生まれてから角質層となって剥がれ落ちるまでにかかる期間は28日と言われています。

子供が夏休みに日焼けしても秋になるとキレイに元の肌に戻るのは、このターンオーバーが正常に行われているからなのです。

しかし、加齢とともに残念ながらターンオーバーはどんどんスローになってしまいます。

ターンオーバーがゆっくりになると肌の表面に残っている角質がいつまでも剥がれ落ちずに残ってしまいますよね。

肌の表面に残っている角質は空気に触れている時間が長いので酸化して黒ずんでしまったり、また乾燥してカサカサになってしまいます。

つまり、ターンオーバーが正常に機能していない肌は肌がクスミやすく、ゴワゴワしてメイクのノリも悪くなってしまうのです。

ターンオーバーを正常な状態に戻すためには肌の真皮層を刺激する方法がスピーディで確実と言われています。

コラーゲンを摂取してターンオーバーを促進したり、フォトフェイシャルなどで強制的にターンオーバーを促す方法などがあります。

また、ケミカルピーリングなどで肌の角質層を削り取る方法でも、新しい肌が表面に上がってきますからターンオーバーを促進する方法としては大きな効果があるようです。

ページのトップへ戻る